【全マップ付き】最新版:地元民が教えるジブリパークご飯事情(オススメはスガキヤ)

※PR

食いしん坊:ジブリパーク

愛知県民 念願のジブリパークがオープンしました!

このジブリパークは、愛知県長久手市にある「愛・地球博記念公園(通称:モリコロパーク)」の中にあるんですよ。

2022年11月12日撮影
この記事を書いたのはこんな人
  • 名前はめいじ
  • 愛知県に生息するアラフォー女子
  • ジブリが大好き
  • ジブリパークがあるモリコロパークには月イチペースで出没している

今回はジブリパーク内のご飯事情をピックアップしますよ~

日時指定のジブリパークチケットが取れないと言われていますが、JTBではジブリパークチケット付き国内旅行予約ができるのでおすすめです!

ジブリパーク内でのおすすめ食事スポット

結論から言ってしまうと、めいじ的オススメは花の広場休憩所2階にある「スガキヤです!

ジブリパークの有料エリア内でいうと「青春の丘」「どんどこ森」「もののけの里」には食事ができる場所はありません。

めいじさん
めいじさん

もののけの里では五平餅焼き体験ができるけど、お食事処ではないかな。

つまり「ジブリの大倉庫」と「魔女の谷」だけにお食事エリアがあります。

そしてそこは当然激混みです。

めいじさん
めいじさん

お食事をゆっくりちゃんと取りたいのなら、モリコロパーク内の別のお店等を活用しましょう!

お食事ができる(買える)場所

ジブリパーク内:大倉庫「cafe大陸横断飛行」

2023年1月撮影
カフェ大陸横断飛行内 世界地図

ジブリの大倉庫内で唯一のお食事スポットです。

めいじさん
めいじさん

ピザ、サンドイッチ、おやつなど、がっつりから軽食まで。

店内で食べられるカフェです。

メニューはこんな感じ(2023年1月撮影時)

2023年12月撮影

「しかくいピザ」シリーズで550円~900円

2023年1月撮影

「サンドイッチ」650円~850円

2023年12月撮影

おやつはあんバターのサンドや季節のフルーツサンドなどなど。

飲み物は、コーヒー、紅茶、アルコールまで取り揃えられています。

2023年1月撮影

サンドイッチには旗が刺さっていて、宮崎駿監督による描き下ろしのイラスト(12種類)です。

この日は、たっぷりアボカドのワカモレ:800円とイタリアンソーダ(ラズベリー):500円をチョイス。

旗はつまようじのような尖った形ではないので、持って帰るときも少し安心です。

2023年12月撮影

めちゃかわいい!!オサレ!!でも激込み!!

せっかくジブリパークに来たんだから、唯一のカフェでランチするのももちろんありです( ´∀`)bグッ!

ただ、参考までにお伝えしておくとこの日は平日の14時過ぎでレジまで20分並びました。。。

ジブリパーク内:大倉庫「ミルクスタンド シベリ❀あん」

2023年12月撮影

こちらも大倉庫内にある、「風立ちぬ」に出てきたシベリアの専門店です。

カステラであんこを挟んだおやつ「シベリア」

シベリあん(こしあん)と常滑牛乳

シベリア(こしあん、つぶあんが選べる)と常滑牛乳(瓶牛乳)のほか紙パックジュースが買えます。

メニュー:2023年12月撮影
めいじさん
めいじさん

疲れた身体に甘いものがしみる~

でも、ごはん変わりには…なりません!

ジブリパーク内:魔女の谷「空飛ぶオーブン」

魔女の谷で唯一のレストラン

オーブン料理(パイやキッシュ)を中心に、ちょっと不気味なスイーツまでいろいろ取り揃えられています。

当然とっても人気店ですので激混み必須(上の写真は平日11:40の写真、すでに20人くらい並んでいました……)

せっかくジブリパークに来たのだし、並んでも食べる価値があるお料理ばかり!なのでやっぱりオススメです。

並ぶのがイヤ!という方は、比較的空いている15時過ぎを狙っていくのもひとつのテだと思います。

ぬこ
ぬこ

ただし、遅い時間にいくと人気のお料理が売り切れになっていることもありますにゃ

ジブリパーク内:魔女の谷「ホット・ティン・ルーフ」

魔女の谷にあるテイクアウト専門のホットドックスタンド

大きなソーセージを挟んだ黒パンの「ネコの手ドック」柔らかい白パンバージョンもあります☆彡(各990円)

ポテトセット、ドリンクセット:各1,350円

ポテドリセット:1,550円

ビールも売っていて、軽食にちょうどいい感じ。

ベンチもあるすぐ近くの広場で食べるのがスタンダードプランです。

ジブリパーク外:「ローソン」

ジブリパーク正門近くにローソンがあります。

いつものコンビニめしが買えるほか、ちょっとしたお土産を売っていたりしますよ。

ジブリパーク外:「ロタンダ風ケ丘」

ジブリパーク門、ローソンからほど近いところにあるのが「ロタンダ風ヶ丘」

和モダンなお店には、おにぎりやスイーツが店内飲食できるほかテイクアウトもできるんですよ。

2023年11月撮影

店内飲食ならおにぎりと豚汁のおにぎり定食がオススメ

2022年11月撮影

おにぎりも定食も、季節によってメニューが変わることがあります。

2023年1月撮影

冬は「赤いおでんと塩むすびセット」と「白いおでんと塩むすびセット」各1,100円が登場しました。

赤い(赤みそ仕立て)おでんと塩むすびセット1,100円

ところで、ジブリパークは「ナポリタン」推しなのをご存じですか?

五平餅焼き体験(もののけの里)ではナポリタン味の五平餅があり、

カフェ大陸横断飛行(ジブリの大倉庫)にはナポリタン味のサンドイッチがあり、

そしてロタンダ風ヶ丘にはナポリタン味のおにぎりがあるのです。

ナポリタン味のおにぎり:200円

ナポリタン味の五平餅焼き体験についてはこちら

テイクアウトの「塩むすび弁当」を購入して稲楼門(とうろうもん)近くの東屋でがっつくのもあり。

千と千尋の神隠しの千尋のごとく「おかぁさぁぁぁん」と泣きながらでお願いします。

2022年11月13日撮影 稲楼門

こんな感じです↓

2022年11月13日撮影

ジブリパーク外:花の広場・花の広場休憩所内「スガキヤ」

ここが控えめに言って最強です。

県民も県外の方にもね。

メジャーないわゆる「名古屋めし」はきしめんや味噌串カツがありますが、ひつまぶしや手羽先といった大人なNAGOYA(←何回やってものこの変換が1番に出てくるので諦めた)めしは期待できません。

そのお楽しみは夜ご飯にとっておきましょうね。

花の広場休憩所の2階にスガキヤがあるのですが、座席が多いのでモリコロパーク内でイベントをやっていてもだいたい空いています。

2022年11月13日撮影

仮に満席でも回転が早いのでそんなに待ちません。

ジブリの大倉庫からは遠く感じるけれど、園内の無料バスに乗っちゃえばOK

言わずとしれた愛知県民の故郷の味。

最近は季節限定とかでいろんなお味が出てますが、スガキヤ初心者の方にはスタンダードなものをおススメします。

ラーメン、肉入りラーメン、野菜ラーメンetc…あたりでいかがでしょう。

めいじさん
めいじさん

おすすめのスイーツは、すがきやの絶対的エース:クリームぜんざい!

ジブリパーク外:愛知県児童総合センター内「カフェダイニング旬彩」

定食、麺類、どんぶりが食べられます。

2024年2月撮影

ジブリパーク外:こどもの広場「モスバーガー」

安心・定番のモスバーガー。ときにはキッチンカーで大芝生広場などにいることもあります。

めいじさん
めいじさん

でも正直、ジブリパークをメインに考えると遠いです。

2022年11月13日撮影

メニューはいつものモスバーガーと変わりませんよ!

ジブリパーク外:地球市民交流センター「冬青(そよご)珈琲店」

ジブリパークの正門からエレベーター塔へ向かっていく道すがらにあるので、すぐ見つけられると思います。

コーヒー、カレー、おにぎり、ソフトクリームなどがいただけます。

少しですが、屋内で食べられるお席もありますよ。

お外ではランチボックスを売っていますので、大芝生広場でピクニックランチもいいですね。

ジブリパーク外:地球市民交流センター「森のカフェテリア」

ホットドック、ロコモコ丼、ソフトクリームがあります。

2022年11月13日撮影

ジブリパーク外:アイススケート場内「石波志」

ジブリの大倉庫、アイススケート場と同じ建物内です。

さむーいアイススケート場内で温かい名古屋名物きしめんが食べられます。

2022年11月13日撮影

お弁当販売(期間限定)

2023年11月撮影

毎日ではないですし、毎週でもないのですが、石波亭のすぐ近くで老舗お弁当屋さんの「松浦商店」さんがお弁当を販売していることがあります(出店日はインスタでチェック!)

2023年11月撮影:この看板があったら出店日!

ジブリ風味のお弁当だけでなく、季節のお弁当(秋はきのこ弁当など)も売っていましたよ。

番外編:キッチンカー(不定期)

大芝生広場付近にはキッチンカーが出店していることがあります。

先のモスバーガーのキッチンカーも週末にモリコロパークのどこかに出店しているもよう。。。

キッチンカーの店数もまちまち。

番外編:茶室(香流亭)

お腹を満たすようなお食事はできないけれど、抹茶とお茶菓子が700円でいただけます。

2022年11月撮影

予約不要で季節によっておはぎやお汁粉などもありますので、一服いかがですか?

番外編:「どんどこ処」さつきとメイの家近く

2023年1月撮影

極ふつうのラムネと極ふつうのレモネードや紙パックジュースのほか、お土産が売っていますが、食べ物が売っていたことはないですね。

各200円

名前のとおり、普通においしいラムネとレモネードです。

パッケージが宮崎吾朗監督が書き下ろしたイラストでとってもかわいい!

めいじさん
めいじさん

持って帰ってお酒の割材にしているオトナも多いですよ。

店員さんにお願いすると常温を出してくれます

ケース別まとめ

ジブリ感をめいっぱい感じたい方

混んでても!どんなに並んでも!

ジブリパークのチケットがあるのなら「cafe大陸横断飛行」や、魔女の谷エリアの「空飛ぶオーブン」「ホットドッグスタンド・ホット・ティン・ルーフ」、はたまた「グーチョキパン店」に並ぶ!

あるいは

「ロタンダ風ヶ丘」で塩むすびを購入して、稲楼門そばのあずまやで石人を眺めながら食べる。

ゆっくり座って食べたい人

ジブリパーク内は避けて、園内無料バスに乗って移動。

カフェダイニング旬彩」や「森のカフェテリア」そして「スガキヤ」

お天気がいいならキッチンカーやローソンで購入して芝生広場で食べるのもおすすめです。

でもせっかく愛知県に来たならスガキヤをぜひお試しください☆

今日はここまで。

またね~

ジブリパークへの交通(アクセス事情)はこちら

シェアする

コメント

タイトルとURLをコピーしました